ミラーレスカメラSONY NEX-3 バラシ記事

スポンサードリンク

ミラーレスカメラの中で最も大型のAPS-Cセンサーを採用しながらも、信じられないくらいコンパクトなボディを持つソニー NEXのバラシ記事です。

I have to say I have one of the better jobs on the planet, at least for a photography gear-head. The part I like best — well, really there’s a lot of parts I like best — but one fun part is that my job description includes: Take things apart. See how they work. Learn how to fix them.

Via : LensRentals.com – Undressing an NEX

そんな極限の集積度のアッセンブルを実現しているNEXシリーズですが、驚くべきことにあっという間にバラせる構造ということです。

通常のカメラバラシ記事では踏み込まれていない一眼カメラとしての心臓部であるシャッターユニットでさえも簡単にバラすことに驚かれています。

この記事を編集された方もあえてソニーファンでは無いという前提で、NEXの中身は驚くべきという表現をされています。
ソニーはカメラのデザインを究極にシンプルにしてしまったという表現です。
一眼レフカメラからミラーレスカメラへのシェア移行が進んでいるようですが、このNEXの中身を見ると、もし同じ写真が得られるとすれば、ミラーレスカメラへの移行は必然かもしれませんね。


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です