F1 開幕!オーストラリアGP予選終了!!

スポンサードリンク

まだまだ寒く冷たい天候が続く日本ですが、温かいオーストラリアでは快晴の元F1が開幕しました。

フロントローは、マクラーレン。2人のドライバーは揃ってフロントローという確実な速さを見せました。
昨年後半は、レッドブルに肉薄、場合によってはそれ以上のパフォーマンスを見せていたマクラーレンですから、そのままの勢いと順調なマシン開発の結果ですね。
段差ノーズを採用していないことも好調の原因なのかも。。。。

2012年シーズンの開幕を告げるオーストラリアGPの公式予選は、マクラーレン・チームのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得、2番手にもチームメイトのバトンが入り、いきなりマクラーレン勢のフロントロウ独占という快挙を演じてみせた。
ハミルトンのポールは昨年の韓国GP以来、自身通算20回目になる。

3番手に飛び込んだのはなんとロータス・チームのグロージャン。

Via : 今季最初のポールはハミルトン(マクラーレン)が獲得: FMotorsports F1

マクラーレンは、F1オーストラリアGP予選で、ルイス・ハミルトンがポールポジション、ジェンソン・バトンが2番グリッドを獲得し、フロントローを独占した。

Via : マクラーレン:フロントローを独占 (F1オーストラリアGP予選) 【 F1-Gate.com 】

最も驚いたのは、ロータスのグロージャン。
ロータスはテストで深刻なトラブルに見舞われていたのですが、それを克服してマシンを仕上げてきました。
ライコネンは残念ですが、グロージャンが3番手を獲得したことでチームは勢いを付けてくると思います。

ロータスのロマン・グロージャンはオーストラリアGP予選で3位を獲得し、決勝レースを2列目からスタートさせることになった。一方、3年ぶりに予選を走ったキミ・ライコネンは自らのミスでQ1敗退となったが、クルマのペースには自信を持っており、明日のレースに期待を寄せている。

Via : ロータス グロージャンが2列目スタート – GPUpdate.net

ロータスのキミ・ライコネンはオーストラリアGP予選Q1で次のセッションに進むべく、もう一度アタックを行えると考えていたものの、コミュニケーショントラブルにより時間切れになってしまったと明かした。

Via : 予選パフォーマンスを説明するライコネン | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1

そして、シューマッハがグロージャンに続き4番グリッドを獲得。
今季最も注目を集めているテクノロジーが、AMGが搭載したFダクトですね。
勿論シューマッハは、チームメイトのニコ・ロズベルグを上回る結果となり、今季は帝王の復活が見れるかもしれませんね。

早速そんなFダクトに対して反応したチームが、チャンピオンチームのレッドブル、そして、今年はAMGと接戦が予測されるロータスのようで、抗議を提出した模様

ロータスは、メルセデスのリアウイングがレギュレーションに違反しているとして抗議する予定だ。メルセデスのリアウイングは穴が開けられてFダクトのような形式になっており、ロータスはこのシステムによってメルセデスが利益を得ていると考えている。

Via : ロータス メルセデスのリアウイングに抗議か – GPUpdate.net

レッドブルとロータス、メルセデスのFダクトについてFIAに再考を依頼 【 F1-Gate.com 】

Via : レッドブルとロータス、メルセデスのFダクトについてFIAに再考を依頼 【 F1-Gate.com 】

一方で、マクラーレンは逆にDRS方式のFダクト導入を検討。
完成しているマシンだからこそ、更に新システムを導入する自信があるのでしょうね。

だが、マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュは、システムは合法だと考えていると述べた。

Via : マクラーレン、DRS連動Fダクトの導入を検討 【 F1-Gate.com 】

一方で、ちょっとショックだったのが二年連続のチャンピオンチームであるレッドブルかもしれません。
テストでは余裕を見せていたようですが、蓋を開けて見るとマクラーレンの方が進化していたようです。
先行逃げ切りの戦いで最強を見せていたベッテルですが、マシン性能が拮抗している状態で、ドライバーとしての強さを見せれるかが注目かもしれませんね。

レッドブルは、F1オーストラリアGP予選で、マーク・ウェバーが5番手、セバスチャン・ベッテルが6番手だった。

Via : レッドブル:3列目スタートにも冷静 (F1オーストラリアGP予選) 【 F1-Gate.com 】

ザウバーもちょっと残念な結果でしょうか、Q1の一番タイムを出して期待が大きかっただけに残念ですね。
しかし可夢偉さんは手応も十分だったようで、決勝の走りには自信があるようです。

オーストラリアGP公式予選、Q1で小林可夢偉1位、ペレスも5番手と事前の下馬評通り偉駄天ぶりを発揮したザウバー・チームだったが、予選Q2になると一転可夢偉が13番手タイム、ペレスに至ってはノータイムで17番手と期待を裏切った。

Via : ザウバー予選、可夢偉はグリップ不足 ペレスはトラブル: FMotorsports F1

で、開幕早々にかなーり深刻なピンチ状態になってしまったのは、アロンソという最強ドライバーを擁する、フェラーリ。
アロンソをもってしても、ミドルチームと戦うしか無いほどのパフォーマンスしか発揮できません。
今季は、フェラーリらしいかっこ良さを捨ててまでもパフォーマンスを追求していただけに、そのギャップは図りしれ無いのでは無いでしょうか?

フェラーリのフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサはオーストラリアGP予選を12位と16位で終え、2台揃ってQ2敗退となった。アロンソはQ2でスピンを喫して赤旗中断の原因を作り、マッサもQ1から苦戦を強いられた。

Via : フェラーリ 落胆のQ2敗退 – GPUpdate.net

結果、スターティンググリッドはこんな感じ。

2012年のF1開幕戦、オーストラリアGPの予選がアルバートパークサーキットで行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。ジェンソン・バトンが2位に入り、マクラーレンがフロントローを独占、ロマン・グロージャンが3位に入った。セバスチャン・ヴェッテルは6位、フェラーリの2台はQ2で敗退し、キミ・ライコネンは18位で予選を終えている。

Via : オーストラリアGP予選 マクラーレンがフロントロー独占! – GPUpdate.net

快晴のなかで行われたF1オーストラリアGPの予選。各F1マシンが初めて同じ条件でパフォーマンスを競った。予選Q1では、今年ロータスでF1復帰したキミ・ライコネンが脱落。17台が1.45秒以内という接戦での幕開けとなった。

Via : F1オーストラリアGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション 【 F1-Gate.com 】

スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です