I'ts a SONY!ワイヤレス給電システム

スポンサードリンク

先日はDELLがワイヤレスで充電を行う、ノートPCを発売しましたが、本日はSONYが、50cm以上の距離でも高効率で電源を供給可能なシステムを開発していることを発表しました

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、電源コードを接続することなく、テレビなどの電子機器へ、離れた場所から高効率で電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発しました。こ

また、レピーターデバイスで、更に80cmまで伝送距離を伸ばせるそうで、しかも、間に金属があったとして、熱を発生しない画期的な伝送方法のようです。

これで、テレビもコンセントから開放されるワケで、配線担当のお父さんとしては超ハッピーなワケですが、それでも、テレビの裏側は、配線ケーブルのジャングルにならないように、電源以外のワイヤレス化も合わせてお願い!w

一方で、超高価なケーブルに対する投資を厭わないマニアの方にとっては、楽しみがなくなるって困った問題なのかな?w

針金ハンガー伝わってくる音とモンスターケーブル伝わってくる音。
果たして違いは聞き分けられるのか?

最近は、基本的には音質劣化しない筈のD端子オーディオケーブルまで、いろいろ出ていますからね?

ニュース元:

どうやらワイアレスながらも安定した電力供給が見込まれるようです。

ソニーがワイヤレス給電システムの開発を明らかにするのは今回が初めて。

 ソニーは10月2日、高効率なワイヤレス給電システムを開発したと発表した。磁界共鳴型の非接触給電技術を採用。電源コード接続不要で、50センチ離れた機器に60ワットの電力を、高効率で給電できるという。

ソニーは10月2日、電源コードを接続せずに離れた場所にある機器へ電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発したと発表した。60Wの電力を50cm離れた機器へワイヤレスで給電できるという。

携帯電話やデジタルカメラなどの小型機器を充電する方法として、新たに注目を集めている「ワイヤレス給電システム」ですが、ソニーが大電力も効率良く伝送できるシステムを開発しました。

スポンサードリンク

アマゾン