【後方排気】YAMAHA 新世代モトクロッサーYZ450Fデビュー!【後傾シリンダー】

スポンサードリンク

ハヤマからモトクロス競技専用バイク、YZ450Fが発表されました

このYZ450F、バイク好きなら、あっと驚くモデルなんです
それは・・・・

すでにお題でネタバレ気味ですが、何と、インジェクションと後方排気システムを採用したエンジン、そして、そのシリンダーが後傾しているという、これまでに無いレイアウトの新設計エンジンなのです。

後方排気のメリットは、ストレートな排気レイアウトが取れることだと思いますが、特に、排気マニフォールど付近をほぼストレートに出来るレイアウトが後傾シリンダーということでしょう。

それが場所を取るキャブレータのままでは、後方排気のレイアウトは難しかったことでしょう。

また、後傾とすることで、エンジン上の前方にインジェクションユニットを配置することが可能になっています。

ということで、インジェクション、後方排気、後傾レイアウトは三位一体な構造ということが判ります。

ちなみに、後方排気というと、かつて、同じくヤマハがTZ250で、そして、その市販レプリカである、二代目TZR250Rですね。

このTZR250R(3MA)はTZが採用していた、キャブレータの開口が前にあることでの吸気温度低下効果、そして、ストレートは排気チャンバー効果を狙ったものだったようですが、エアクリーナーが必要な市販車では逆に、その容量や苦しい形状によって、思う通りの効果が発揮できなかったようです。
逆に、ストレートな排気レイアウト、そして、パラレルツインという構造上、社外製のチャンバーに変更すると、んもう2ストロークの究極のサウンドを聞かせてくれるバイクでもありました。
勿論ノーマルマフラーでも高音なサウンドですが、現在の騒音規制では絶対に通らないくらいのグッドサウンドですw

と、ヤマハ2スト大好きで本題のYZ450Fから脱線してしまいましたがm(_._)m
かつての、バイクは市販車、レーサー共に様々なエンジンレイアウトやメカニズムが試されていました。
ここ最近はバイク業界の不況もあり、エンジンラインナップの整理、あるいは、ロングセラー化によって、そんな斬新な新エンジンが生まれることも無かっただけに、このYZ450Fのエンジンは興味深いものです。

市販車でもこのレイアウトを生かした単気筒エンジンが市販されれば良いですね!

フューエルインジェクションの採用にあわせて、シリンダーヘッドの前後をひっくり返したかのような「前方ストレートダウンドラフト吸気」、車体後方にシリンダーが傾いている「後傾シリンダー」など独自のエンジンレイアウトを採用。

YZ250や、YZ125は未だ2ストロークなんですね?萌えw

ヤマハ発動機は8日、水冷・2ストロークエンジン搭載の『YZ250』、『YZ125』の2010年モデルを9月25日から発売すると発表した

2010年モデルのYZ450Fは、FIの新採用に加え前方ストレート吸気・後傾シリンダーという独自のエンジンレイアウトを採用し、車体は「バイラテラルビームフレーム」と呼ぶ新フレームを採用、これらの相乗効果で高い戦闘力を引き出している。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト