Sunを買収したのはIBMじゃなかった

スポンサードリンク

いきなりビッグニュースが飛び込んで着ました

これまで、iBMが買収交渉を進めていたと噂されていた、Sunですがなんと急転直下、Oracleが買収することになったようです

Oracleは4月20日(米国時間)、Sun Microsystemsを買収することで最終合意に達したことを発表した。1株あたり9.50ドルでの買収交渉に入っており、買収の総額はSunの負債などを含めると約74億ドル、実質は56億ドル程度になる見込みと発表している。

米オラクルと米サン・マイクロシステムズは2009年4月20日(米国時間)、オラクルがサンを74億ドルで買収すると発表した。オラクルは声明で「サン買収によって、アプリケー

米Oracleは4月20日(現地時間)、米Sun Microsystemsの買収を発表した。

 米Oracleは4月20日、米Sun Microsystemsを約74億ドルで買収すると発表した。Sun株主の合意などを経て、正式に決定する。

私の知っている限りでは、Oracleのでーたベースは、Sunとの相性が良く、実質予算がある場合、DBのサーバーマシンとしては、WindowsよりSunを選択するほうが懸命という印象があります。

一方、IBMのDB2はもちろんIBMのマシンで動くのが最適でしょうから、IBMがSunを買収を阻止してDBアプリとサーバーで競合状態を維持するのが懸命な選択だったのかもしれませんね。

とにかく大どんでん返しで、サンはオラクルのものになることが決定したようです。

今後は、オラクル入りSunサーバーが普通になるかもしれませんね。

CNET様がSun買収にいたるこれまでの敬意のまとめ記事をアップされています。
さすが準備万端ですね(^^;;;

[ラウンドアップ]オラクルがサンを買収することで、両社は最終合意に達したと発表された。IBMがサンを買収すると見られていただけに、今回の発表は驚きをもって受け入れられるに違いない。サンを巡る動きをまとめた。

スポンサードリンク

アマゾン