V・ロッシはF1を後悔していた

スポンサードリンク

3年前フェラーリのテストに参加し、やはり才能の片鱗を見せ付けたMotoGPの王者バレンティーノ・ロッシですが、その時、フェラーリF1へのオファーがやはりあったようなのです。

MotoGPチャンピオンのバレンティーノ・ロッシがインタビューに答え、F1参入を引き受けなかったことを唯一後悔していると語った。

その時ロッシは、そのオファーを良く考えた上で断っていたようですが、実は後悔していた。。。。確かに、バイクの世界GPとF1の両方を走れる才能を持つことが、フェラーリという名門チームに認められていたワケですから、もし、その時、フェラーリF1ドライバーになっていたら。。。。という後悔はあると思います。

私も、ロッシが羽馬に乗ってシューマッハと活躍する姿を見たかったですね・・・・
一方で、そこでフェラーリF1に参加しなかったことで、現在でもMotoGPを走り、昨年はチャンピオンまで獲得しているワケですから、やはりロッシは二輪界にとって無くてはならない存在だったことも証明されました。

仮にフェラーリF1ドライバーになっていたら、現在のF1ドライバーの顔ぶれも大きく変わっていたかもしれませんえ。

また、トッド&シューマッハから、オファーを受けていたロッシですが、今のフェラーリの体制ではどうなっていたのでしょうか?

いろいろ想像できますが、ロッシは過去のことは忘れて前進あるのみだそうです!

スポンサードリンク

アマゾン