PMA09:Panasonic GH-1はハイビジョン

スポンサードリンク

PMA09でパナソニックは、女流一眼DMC-G1の発展モデル、GH-1を発表しました。

発表になったのは、レンズ交換式デジタルカメラ「マイクロフォーサーズ」規格に準拠した「LUMIX DMC-GH1」。昨秋にいち早く発売して話題を呼んだ「DMC-G1」にフルハイビジョンの動画撮影機能を搭載したモデルだ。G1の発表時から登場が予告されていたモデルだけに、待望の正式デビューとなった。

ボディはG1とほぼ同じのようですが、GH-1の特徴はフルハイビジョンの撮影を念頭に置いているということです。

G1でレンズ交換式ながら、ミラー機構と光学経路を省略し、EVF化することを可能にしていたG1は、すぐにでも動画撮影に対応できるポテンシャルを持っていましたが、GH-1では、動画撮影も最適化したイメージセンサーの搭載、そしてステレオマイクを利用出来るなど、これまでのデジタルカメラの動画撮影がオマケだったのに対して、静止画とまったく同等の扱いを可能とする始めてのレンズ交換式カメラとなる筈です。

ということで、運動会では最強のカメラになる予感・・・・
女流一眼から、何一眼になるのか?皆さんも予想してみてください(^^;

関連記事:

デジタル一眼カメラの本格普及を狙って投入したDMC-G1が発表されたとき、パナソニック(当時:松下電器産業)は2009年春には動画対応モデルを投入すると公言していた。そして、その春を迎えたPMA09の開催に合わせ、パナソニックは約束通り、フルHD動画に対応したモデルとして、マイクロフォーサーズ規格に準拠した「DMC-GH1」を発表した。

The imminent arrival of the DMC-GH1 had been widely expected in the run-up to PMA 2009 (though its name hadn’t – many were expecting a ‘G1-HD’). Now that the camera has finally shown up it does, as expected, resemble little more than a DMC-G1 with various extra bits and pieces added on, all in support of its hotly-anticipated HD video functionality. But unlike recent DSLRs that have offered video capability, the GH1 is capable of continuous autofocus in movie mode using its purpose-designed contrast-detect AF system, and Panasonic has supported this with the all-new, specially optimized Lumix G Vario HD 14-140mm F4.0-5.8 lens; this should make it a far more usable option for users looking for a fully functional stills/video hybrid.

Panasonic today introduced the LUMIX DMC-GH1 as a new member of the LUMIX G Micro System of interchangeable lens cameras. Fully compliant with the Micro Four Thirds System standard, the LUMIX G Micro System combines a downsized body with advanced functions that achieve both easy operation and high quality.

スポンサードリンク

アマゾン