マックス・コーヒーが全国展開される理由

スポンサードリンク

先日、ご当地コーヒーである、Mac Coffieが全国発売されるニュースをアップしましたが→ご当地缶コーヒー「マックスコーヒー」が全国発売に – :: 246 log ::
今こそ、缶コーヒーというのはそれなりの事情があるようです。

缶コーヒーというのは、景気に左右され難い製品のようで・・・・

各社とも嗜好性が高く、不況の影響を受けにくい缶コーヒーに注力することで、プラスを見込む強気な計画を打ち出しており、コーヒーをめぐる激しいシェア(市場占有率)争いが繰り広げられそうだ。

この不況、各社缶コーヒーに注力することで、売り上げをカバーする戦略のようです。

で、マックス・コーヒーは、日本コカコーラのブランドなようえすが、これまで、メイン商品のコークの販売に影響を与えないように、コッソリ、コカコーラとの繋がりを薄くし、ご当地コーヒーという販売形態だったのですが、缶コーヒー拡大のキー商品として、着目されたようです。

日本固有の文化?である缶コーヒー、不況に強いというのは面白いですが、とにかく、今缶コーヒーの種類っていったい何種類くらいあるんでしょうね。
各社10種類はありそうですから、数十種類はありそうです。。。。。たかが缶コーヒーなのですが、そこには熾烈な製品競争開発がありそうです。

スポンサードリンク