佐藤琢磨さんシート争いに敗れる

スポンサードリンク

レッド・ブルのサテライトチームである、トロ・ロッソが2人目のドライバーを決定したようです。
昨年もトロロッソをドライブしていたセバスチャン・ブルデーが数少ない残りシートに収まることになりました。

セバスチャン・ブルデーにとっては、本来当然の結果かもしれませんが、昨年に佐藤琢磨さんが、トロ・ロッソのテストに召集され、更に2回目も実現、その中で、最高の仕事をやり、結果を出せていただけに本当に残念ですね。

ここ数日の間、ブルデーがシーズン前のテストに召集するという話が伝わっていましたが、今回はそれが、正ドライバーのアナウンスとなり、われわれ日本人に伝わってきました。。。。

ブルデーに決定した理由としては、やはりスポンサーからの支援金の問題だそうです。
世界経済の悪化が、佐藤琢磨さんのF1復帰の道を絶ったのなら、更に残念です。

これで、ホンダ・スピリットの火はF1から無くなってしまったと言って良いかもしれませんね・・・・

でもあきらめない琢磨さんを今後も見たいと思っていますので、目指すは来年。。。本当にがんばってください・・・・

速報記事:

というのも、トロ・ロッソのスポークスマンは来週ヘレス・サーキットで行われる合同テストについて、セバスチャン・ボーデの参加が確実と『Manipe F1』に対し語ったもの。

ご本人のコメント:

自分自身の未来がどうなるかは現時点ではまだわかりませんが、次にどのようなステップを選ぶべきか、今後マネジャーとともに検討していくことになります。

やはり琢磨さんも、F1は絶対諦めないと公言されています。
たぶん大丈夫でしょう!

スポンサードリンク