ポルシェ最強911GT3 RSRはエアコン付き

スポンサードリンク

ポルシェのGT2用市販マシン、911GT3 RSRの2009年モデルはますますカッコ良くなてってます(^^;;

コレアメリカのレースホモロゲーションではエアコンが義務付けられてるということで、アメリカ仕様を輸入されれば夏でも快適かもしれませんね(^^;;;

ねた元はこちら:

アメリカン・ルマンシリーズのGT2クラスに参戦しているポルシェは、2009年モデルの911GT3 RSRを発表した。ニューマシンは、今月26日からのセブリング・ウインターテストに参加する。

外観上目立つ変化は、フロントノーズ上のエアスクープが拡大されたことで、これはACOの2009年規則からエアコンディショナーの装備が必要になったためとされている。リアウイングも調節範囲が拡大され、ボディ底面と後部の改良とともに空力性能の向上が図られている

水平対向6気筒エンジンは排気量を3.8リットルから4.0リットルへ拡大。ドライサンプ、独立スロットル、29.5mm径のエアリストリクター×2などを備え、最大出力450ps/7800rpm、最大トルク43.8kgm/7250rpmを発生する。最大許容回転数は9400rpm。ポルシェは「従来の3.8リットルよりもパワーバンドが有効に使えるようになった」と説明する。

スポンサードリンク

アマゾン