ソフトバンク携帯電話は取扱説明書が付属しません

スポンサードリンク

ソフトバンクは従来携帯電話に付属していた取り扱い説明書を、有料化するそうです。

ソフトバンクモバイルの携帯電話端末の「Y!」ボタンを押しただけでアクセスできる「Yahoo!ケータイ」トップページへのアクセスが有料化され、さらに一部の携帯電話の場合、本体を傾けるだけで数十円が再課金されるようになることを以前GIGAZINEでお伝えしましたが、さらに今度は一部の携帯電話で取扱説明書が有料化されることが明らかになりました。

エコバックの時代ですから、紙資源の大幅節約に貢献しちゃうってことでしょうか?

今、いろんな取説やマニュアルで、一番分量やページ数が多いのは携帯電話に付属している取り扱い説明書では無いでしょうか?
数百ページ!になっちゃってりる現状で、だれ一人としてそれを読破する人なんていそうにありません。

すでにPCやMacでも取り扱い説明書や分厚いマニュアルなどは着い付属しません。
携帯電話もiPhoneのように自分で選択したソフトウエアを使う端末になるとすれば、いずれ取り扱い説明書なんて本当になくなるのかもしれませんね。。。。

実際iPod touchやiPhoneなどでは、完全な取り扱い説明書は着いていませんね。

その代わり、出来るXXとか、誰にも聞けないXXなど、ガイドブックが携帯端末毎に出てくるようになるでしょう。

スポンサードリンク

アマゾン