フェラーリもF1統一エンジンなら撤退宣言

スポンサードリンク

FIAが進める統一エンジンによるコスト削減計画ですが、まずトヨタが撤退を匂わせる発言、、、
そして今度はフェラーリが宣言を出しました。

自動車F1シリーズのフェラーリは27日、国際自動車連盟(FIA)の推進するエンジン統一化が実施された場合、F1撤退の可能性を示唆する声明を出した。

フェラーリの声明
「F1の本質的かつ必要なコスト削減が繰り返して言われているいるが、推進が開始し、その動きによって1950年以来フェラーリが絶えずかかわってきた競争と技術の開発に基づくF1の存在意義が損なわれると感じており、フェラーリ取締役会は標準化されたエンジンを導入するというレギュレーション計画に強い懸念を表明する。取締役会はこれらの重要な要素が減少されるのであれば、パートナーと共にF1に参戦し続けることの存在意義を再考しなければならないとの見解を表明する.。」

先日のトヨタに続き、フェラーリもスタンダードエンジン制が導入された場合、F1撤退も辞さないことを表明した。FIAが今後もスタンダードエンジンの入札を続行することを改めて表明したのを受け、フェラーリが声明を発表している。

1950年の最初の年からすべてのシーズンに参加してきた名門のフェラーリがF1撤退となれば話は別だ。

フェラーリが1950年から継続的に関わり続けてきたこのスポーツの存在理由を損う可能性があると感じるためであり、その存在理由は主に競争と技術開発に基づいている

アルファロメオから分家して以来、F1と言えばフェラーリ、、、、フェラーリと言えばF1でしたが、もしFIAが統一エンジンを決行すれば、F1のシンボルであったフェラーリも撤退ということで、波紋は大きそうですね。

勿論、フェラーリが撤退すれば、他チームもそれに同調すことは間違い無いと思いますが、、、
エンジンサプライヤーになるメーカーを除いて、、、

スポンサードリンク

アマゾン