iPhone 3Gは人生を変えられなかった、、、orz

スポンサードリンク

ソフトバンク孫社長が人生が変わるほど感激してオススメだったiPhone、、、
なんだか皆さんうすうす感付いていたかと思いますが、今iPhoneは全然売れていないとのことで、、、

7月11日にソフトバンクモバイルから発売されたAppleの携帯電話「iPhone 3G」ですが、フジサンケイビジネスアイの報道によると販売状況は実質「敗戦」状態で、「戦後処理も必要な段階」に差し掛かっているそうです。

そして何と、docomoが地道に頑張っちゃってるもんで、日本でとうとうスマートフォンが普及の兆し、が、、、、

米アップル製「iPhone(アイフォーン)3G」は、注目は集めたものの急失速。一方、NTTドコモやイー・モバイルの攻勢も関心を集めている。携帯電話が国内で1億台も普及した中、各携帯事業者はスマートフォンで新たな需要を喚起しようとしている。

iPhoneが当初強烈なトレンドとして取り上げられ、その後失速した理由はずばりこの2つ、、、

「iPhoneユーザーは新しい物好き」「iPhoneユーザーの67.5%は、iPhone以外の携帯電話/PHSも併用している」といった結果が出た。

ガジェット好きな方+カルトなAppleファンが、過去のiPodやOSXの発売で行列しちゃったを記憶に再集結、(あるいはテンバイヤーの方?(^^;;;;)そして、実際iPhoneは2台目の携帯電話なら使っても良いというポジションだったということでしょう。

そして、なんだか手のひらを返したような調査結果、、、、

iPhoneを「購入したい」と答えたのは1割未満の5.7%で、「購入しようとは思わない」と答えたのが39.5%という結果になっている。

一方、たとえばアメリカでは、BlackBerryなどのスマートフォン活況&定着の時代の後にiPhone
がそれらを席巻する勢いな事実、、、また、世界一の市場中国でもうすぐ発売の噂もありますので、依然アゲアゲなiPhoneですが、携帯電話閉鎖国の日本だけがサゲサゲ状態なのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン