と思ったらやっぱりイーモバイル好調のようで

スポンサードリンク

前のエントリではイー・モバイルがすばらしいキャンペーンをしていたので、思わずiPhoneからEeePCを買ってしまったというネタ投稿しましたが、そんなキャンペーンの効果抜群なのか、イーモバイルはデータ通信端末のランキング3位独占という絶好調さを見せています。

ウィルコム端末は、依然HONEY BEEの人気が高いものの、WILLCOM 03/9/D4の新機種トリオも健闘。データ通信端末はイー・モバイル端末が好調で、上位3位を独占。今回、新機種D11LCも登場した。

これまでデータ通信端末といえば、WILLCOMだった訳ですが、イー・モバイルが徐々にそのシェアを伸ばしてきています。

そしてイー・モバイルのエリア拡大のニュース。

イー・モバイルは8月7日、7月に拡大したHSDPA通信サービス「EMモバイルブロードバンド」および「電話サービス」の自社提供エリアを発表した

都市部中心にかなり広いエリアをカバーするようになりました。
現状、都内や横浜で地下以外では絶好調電波良好です。

商業施設や地下街などもすこしずつエリアを拡張しています。

イー・モバイルは7月末までのサービスエリア拡大実績を公表した。商業施設では、恵比寿ガーデンプレイスやディアモール大阪、京セラドーム大阪などがカバーされた。

そして、イーモバイルは携帯電話シェアに少なからず影響を与えるようになりました。

電気通信事業者協会と携帯電話・PHS各社が7日発表した7月の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた月間純増数は、ソフトバンクモバイルが21万5400件で15カ月連続の首位となった。KDDIの純増は1万7000件にとどまり、携帯4社で2カ月連続の最下位。同社は電話番号を変えずに契約事業者を変更する番号ポータビリティー制度でも初の転出超過に陥った。

ソフトバンクはiPhoneのおかげで7月のシェア急拡大、そしてそのあおりをうけauがかなり不調に、、、WILLCOMが2千件とこちらも不調、、、
そして、イー・モバイルな何と、純増数6万5000件!全国区のドコモが9万件台なのですから、都市部だけ、しかも量販店と通信販売しかしていないイーモバイルがこの数ですから、都市部のユーザが急拡大と思われます。

ということで私の願いとしては、iPhoneの絶好の通信キャリアはイー・モバイルであり、、、、何故かと言うと、データ通信重視のネットワーク、そして、何より端末を売るために、モバイルPCを100円で売ったり、3万円値引きするということは、Appleへの上納金300ドルなんて、まったく問題無いと思われるからですwww

イーモバイルの社長さん、是非iPhoneの2番目のキャリアお願いしますよ?
そのときは勿論端末価格、100円でお願いしますっ;;;^^)

スポンサードリンク