ハミルトンの特殊性

スポンサードリンク

F1トルコGPでちょっと意外な3ストップ作戦に出たマクラーレンのハミルトンですが、決して理想の作戦ではなかったそうです。

その原因は、依然からとりざたされた、ハミルトンの”荒い”と言われるドライビングスタイル、シーズン中最もタイヤに過酷なトルコGP、でフロントタイヤの磨耗が許容範囲を超えてしまうそうです。

今回のトルコGPの上位入賞者の中で唯一3ストップだったマクラーレン・チームのルイス・ハミルトンについて、ブリヂストンのスポークスウーマンは「特殊なケースだった」と、英『ロイター』に語っている。

トルコGPで他のドライバーとは違い、決して理想的とはいえない3ストップ作戦を決行したルイス・ハミルトン。しかし、この戦略は自ら進んで選んだものではなかったという。

ブリヂストンから安全性の為に3ストップを指定されたそうで。。。
もし、ブリジストンが、安全性の面から、ハミルトンのドライビングスタイルを考慮したタイヤに仕様変更するとすれば、ハミルトンのこの”弱点”は一挙、アドバンテージに変わるかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾン