MacBook Airのヒミツと類似でSONYそしてレノボ

スポンサードリンク

またもやジョブズ氏の素晴らしいプレゼンテーションでMacユーザをとりこにしちゃったMacBook Airですが、なかなかネタになるヒミツが、、、

Remote Discでネットワークブートは可能? マルチタッチの操作感は? ボディの強度は? ソニーの「X505」が与えた影響って?――MacBook Airについて判明したいくつかの事実と、面白い逸話を紹介する

Apple Store(Japan)

ネットからOSをインストールする前でもブート出来るなんて、いったいどうなっているんでしょうね!(^^;;;
また、かつて似たコンセプトのSONY VAIO X505をジョブズが完全否定したというのも面白いですね?

結局そのX505は話題こそなれ大成しなかった訳ですが、、、、そんなマネ?されちゃったご当人のSONY様はどう思っているの?GIZMODO様の記事。

でもソニーにもかつて似たようなウルトラポータブルのビジョンがあった。2004年のカーボンファイバー積層板のノート「X505」です

どうやらMacBook AirもSONY VAIO X505多くの人にとっては“使えない”マシンになる訳ですが、Appleの方だけ成功しちゃうとSONYの面目丸つぶれかもしれません、、、本当に需要があるなら、2008年でもX505シリーズ化されてても良かった訳で、、、、

で!意外な伏兵も割り込んで来ました。

どうやらレノボは超軽量ノート「ThinkPad X300」を発売予定らしいです。

レノボの前身IBMの藤沢事業所では、かつて唯一存在したAppleのポータブルノート、PowerBook 2400cを設計し製造していたのですから、このThinkPad X300でも何かしらのご縁かもしれませんね。

PowerBook 2400cとはアップルコンピュータが販売したPowerBookシリーズの一種である

スポンサードリンク

アマゾン