F1の歴史ではアロンソがチャンピオンの可能性高い?

スポンサードリンク

F1史上、3人のチャンピオン争いで最終戦に持ち込まれた時、2位のドライバーがタイトルを手に入れているようです。。。。。

F1の歴史において、最終戦まで3人のドライバーがタイトルを争うことはそれほど多くはなかった。現在、ルイス・ハミルトンがチャンピオンシップをリードしているが、タイトル争いがこのような形で争われた最近の2回の例では、2位だったドライバーがチャンピオンシップリーダーを出し抜いてタイトルを獲得している。

なるほどー、とすれば、今回のブラジルGPではアロンソが逆転タイトル獲得!ってシナリオが目に浮かんできますが、過去のF1と最近のF1で大きく変わるのはポイント制。
1位と2位で2ポイントしか違わないんじゃ頑張って優勝してもあまり差がつかないということですね。

このポイント制が導入されたのも、フェラーリ&シューマッハ帝国時代の産物、シューマッハがあまりにも勝ちすぎるので、チャンピオンシップがすぐに決まってしまうことを避けるものでした。

こんなとこにも引退した皇帝シューマッハの影がちらほらですね。

スポンサードリンク

アマゾン