気になるF30とF11の比較

スポンサードリンク

FinePixF11ユーザとしては、やはりF30との差、どうしても気になりますね?
Impress様に比較記事がアップされています。

富士フイルム FinePix F30【第1回】F11から変わったところ

まずハード的に羨ましいのが、露出補正ボタン。
AEロックボタンなんて無い、コンパクトデジカメですから、どーしても露出は機械任せ。
F11だと、メニューに隠れてましたので、1枚撮って露出が変だぞ?と思ってモタモタしてるとチャンスを逃がしてしまいました。
また、元に戻すのもこれまためんどくさい。
露出補正ボタン大歓迎ですね。

それとISO80のモードが増えたんですね。
めったにISO100以下が必要なことは無さそうですが、晴天で絞りを開けたい場合が幾度かありました。
通常のコンパクトデジカメの絞りが、2?3段に対して、F11やF30はきめ細かく絞り値を設定できます(これはもっと他との差別化として主張して良いかもしれません)ので、ISOも多段階になることは良いことです。

画質の件ですが、レポートされている方をご参考に、、、と言いたいところですが、ぱっと見ただけでは、レポータの方が書かれているような差はあまりないかもしれません。
面白いことに、ISO400やISO800は確かにF30の方がノイズが少なく滑らかですが、ISO1600になると、F11の方が波状無く素直なノイズのように見えます。
又F30のISO3200は、ISO1600からいきなり崩れ方が激しい。
F30はソフト的に改善の余地があるのでしょうか?F11の方が感度とノイズが素直に比例しているようです。

ちなみに、高感度が必要な時、モノクロで撮影する方が良い結果になることがあります。
そもそもモノクロ=粒子感、ノイズがあった方がそれっぽいですしね!
富士フイルムのモノクロといえばネオパンですね!

F11の写真もちょくちょくアップしてるので見てね。
::246::f11::

スポンサードリンク