来期のF1レギュレーション再確認

スポンサードリンク

よく覚えておこう、、、

NEW HOMEPAGE

【エンジン】

・2005年同様、1基のエンジンで2つのグランプリ(距離にして約1,500km)をまかなう。・やむを得ずエンジン交換した場合はグリッド10番降格
・最低重量95kg、型式はバンク角90度のV8エンジン、総排気量は2,400CCまで
【タイヤ】

・3日間を通じ、ドライ7セット、ウェット4セット、エクストリーム(ヘビーウェット)が3セットまで。
・予選・決勝レースに使用するタイヤは予選開始時までに決定すればよい
・決勝レース中のタイヤ交換が復活

【エアロダイナミックス】

・ ディフレクター(フロントタイヤ後方の空気整流板)の位置が50ミリ上方に変更

【公式予選】

・全車同時出走に変更(全体で1時間)、ノックアウト方式と呼ばれる足切り方式を採用
・14:00-14:15の15分間、全車による予選アタックを行い、最速ラップタイムによって下位6台の順位(17位-22位)を決定
・5分のインターバル後、14:20-14:35の15分間に上位16台による2回目の予選を行い、下位6台の順位(11位-16位)を決定
・5分のインターバル後、14:40-15:00の20分間に残った上位10台による最終アタックを行い、上位10台の順位(1位-10位)を決定
・予選終了後はこれまで通りマシンはパルクフェルメに保管され、基本的にマシンセッティングなどの変更は不可

【燃料】

・予選第1-2セッション時の燃料搭載量は自由
・予選最終セッション時は決勝レーススタート時の燃料搭載量になる
ただし最終セッションで消費された燃料は予選終了後に周回数分の規定量を補充できる

スポンサードリンク

アマゾン