今度はこっち側の御大登場

スポンサードリンク

偉大なWGPチャンプ、ミックドゥーハンさんも語りました。

Nifty F1: M.ドーハン氏、ロッシF1転向説に懐疑的

Wikiでロードレース世界選手権を検索してみると、、、

ロードレース世界選手権 – Wikipedia

今のところ、チャンピオン回数で、すげーのは

10年計15回 ジャコモ・アゴスティーニ
12年計13回 アンヘル・ニエト(500チャンプ無し)
7年計9回   マイク・ヘイルウッド
6年計9回   カルロ・ウビアリ(500チャンプ無し)
7年計7回   バレンティーノ・ロッシ
6年計7回   フィル・リード
4年計7回   ジョン・サーティース
4年計6回   ジム・レッドマン(500チャンプ無し)
4年計5回   ジェフ・デューク
5年計5回   ミック・ドゥーハン

その昔はダブルエントリされてましたので、1年で2つのチャンプもありました。

って感じです。
ロッシさんよりすげーチャンピオン沢山いらっしゃるんですね!
って実は、ロッシさん以外は日本製のマシン以前の時代お方ばかり、唯一ドゥーハンさんと同等の記録と言えると思います。
また、勿論ですがMotoGPというカテゴリでこの記録は少なくとも8年後にしか破られないですよね(^^;;;

ということで、更に500とMotpGPに絞ってカウント
連続チャンプ回数もついでに

計8回連続は7 ジャコモ・アゴスティーニ
計5回連続は5 ミック・ドゥーハン
計5回連続は5 バレンチーノ・ロッシ
計4回連続は4 マイク・ヘイルウッド
計4回連続は3 ジェフ・デューク
計4回連続は2 ジョン・サーティース

もしかしてロッシ、ドゥーハンを超えてからF1に行こうと考えていたりして、、、、
結果、ロッシは神様マイク・ヘイルウッドと並ぶ偉大な功績と、ジョン・サーティーズさんが唯一成し遂げたWGP&F1チャンプと並ぶという壮大なモチベーションが出来るわけですね!!、

ちなみに、データだけでは最強のチャンプ、ジャコモ・アゴスティーニさんは神様や偉大、、、という表現はされてません。それだけその頃のMVアグスタというバイクが超最強!だったということです。
んで、それを破ったのが本田宗一郎のバイク

246log: とうとう決心!?

スポンサードリンク

アマゾン