革新的な,,,

スポンサードリンク

ミシュランはラジアルタイヤをF1に採用したパイオニアでしたよね!

Nifty F1: ミシュラン、今週『生誕の地』に還る

ちなみにバイクの世界でも、ラジアルタイヤをレーサーに、そして市販車にもってきたもミシュランです。
バイアスタイヤがサイドウォールとトレッドを関連性のある構造で作るのに対しして、ラジアルタイヤはそれそれが別の構造で作るようです。
なので、もともとトレッドが丸いバイクのタイヤ(どこかサイドウォール?)にラジアルは採用されることは無いという常識を破ったのです。
これをきっかけにバイクのタイヤも、ワイド化、扁平化がかなり進んでいます。

その他ミシュランの歴史を調べても革新的なアプローチを沢山している会社ということで、これは企業の性格と言えるのでしょうね。
例えば、シリカを配合してレイン性能を上げたのミシュラン、当時他のタイヤメーカーがいくら研究してもわからなかった。

ということで、もう忘れたい頃ですが、アメリカGPでのミシュランのトラブルも、ミシュランの革新的なチャレンジだったのかもしれません。

ブリジストンだった忘れないでね?だって、、、

Nifty F1: ブリヂストン、「ウチだってホームグランプリ」

スポンサードリンク

アマゾン