祝iTunes Store全米売り上げ2位

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

iTunes Storeが全米の音楽販売でなんと2位になっちゃったそうです。

Appleが音楽販売に対する支配力を強め続けている。同社のオンライン音楽ストア「iTunes」が米国第2位の音楽販売店となった。

米アップルは26日(現地時間)、「iTunes」がウォルマートに次ぐ全米第2位の音楽小売業者になったと発表。また、同Storeのユーザー数が5,000万人を超えたという。

米Appleは2月26日、iTunes Storeが米国第2位の音楽小売業者になったことを明らかにした。米調査会社NPD Groupの最新データによるもので、2007年の楽曲販売数で、米Wal-Martに次ぐ2位となった。

米アップルが2月26日(現地時間)に出したリリースによると、iTunes Storeが全米第2位の音楽小売業者になったとのこと。2007年1月のスティーブ・ジョブズ氏の基調講演では全米4位、さらに同年9月のiPod発表時には第3位になったと発表していた。

 iTunes Store(Japan)

全米2位ですからWindowsプラットフォームにおいても、オンラインの楽曲購入はiTunes Storeが独占していると言って過言でないんでしょうね。

ちなみに、昨年でCD誕生から25周年ということですが、動画の方がDVDからBlu-rayにあっという間に置き換わろうとしているのに対して、CDはSACDやDVDAudioなど次世代というフォーマットが出現ながらも、もまだまだCDから置き換わる様子など無いいうことは、音楽はこのまま行くと、媒体での流通が無くなる可能性もあるんじゃないでしょうか?

皆さん、ダウンロードした大切な音楽が無くならないように、バックアップは必ず撮りましょう(^^;;

 iTunes Store(Japan)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る