F1 Rd.8 ヨーロッパGP予選

スポンサードリンク

スペインのバレンシア・サーキットで開催されているF1第8戦ヨーロッパGPの予選が終了しています。

2012年ヨーロッパGPのポールポジションはまたしてもセバスチャン・ベッテル(レッドブル)のものとなった。
ここバレンシアでのポールポジションはベッテルにとって3年連続3回目。

Via : ヨーロッパGPポールはベッテル、小林可夢偉7番手に: FMotorsports F1

レッドブルのベッテルがPP獲得。
他チームからの数々のレギュレーションの指摘を乗り越え、レッドブルが安定した予選結果を示すようになっています。
ただ、ウェーバーはQ1脱落と、サーキットやマシンとの相性など紙一重状態ですね。

そんな中で、小林可夢偉さんは今回堂々と予選7位を獲得。
フェラーリ移籍が噂される僚友のペレスが15位、本家アロンソが11位とフェラーリエンジン搭載車の中では勿論トップの順位となっていますので、これは純粋にドライバーの実力としても素晴らしい結果ですね。
7位ですと、十分に表彰台が狙える位置となりますので、本当に頑張って欲しいですね。

タイム差が非常に小さいものとなった3回のフリー走行では、初日の金曜日に行われた1回目のセッションで1分40秒890を記録したウィリアムズのパストール・マルドナドが、2回目のセッションでは1分39秒334のセバスチャン・ベッテル(レッドブル)がそれぞれ最速タイムを記録。

Via : ベッテルが2戦連続ポールポジション! | ヨーロッパGP | F1ニュース | ESPN F1

2012年F1世界選手権第8戦ヨーロッパGPは公式予選Q3へ進んだ。セッション開始直前のコンディションは、気温25℃、路面温度45℃、晴れのドライコンディションとなっている。

Via : ヨーロッパGP予選 ヴェッテルが3年連続のポールポジション – GPUpdate.net


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です