Eye-FiとSanDiskがコラボです

スポンサードリンク

私も絶賛愛用中のEye-Fiですが、なんと、SanDisk ブランドが付けられるそうです。
SanDiskマークが付いただけで、安心感倍増という感じですね!!

実際、私はかつてEye-Fi X2を2毎購入しているのですが、そのうち1枚が初期不良交換。
また、撮影中に記録が出来無くなることも数回ありました。

今回、“SanDisk”ブランドが付くと信頼性もアップするかな?

Eye-FiとSandisk、ワイヤレスメモリーカードの共同ブランド品を欧州などで販売 – デジカメWatch

Via : Eye-FiとSandisk、ワイヤレスメモリーカードの共同ブランド品を欧州などで販売 – デジカメWatch

少し前、東芝が世界初の無線LAN内蔵SDHCメモリカードを発表しましたね。
記事:東芝が世界初?の無線LAN内蔵メモリカード「FlashAir」びみょっ | [246]ログ

勿論、無線LAN内蔵SDメモリカードはEye-Fiなのですが、SDHC規格に参加しているとかいないとかで・・・・

で今回、SanDiskのお墨付きが付いたということは、当然SDHCカード認定マークが誇らしげ、大きめに記入されています。
結局、11月発売するという東芝の「FlashAir」よりこっちの方が先に発売になるのかな?“世界初”は取り消しということですね。

ちなみに、東芝とSanDiskはこれまで深い仲なのですが、無線LAN内蔵のSDHCカードについてはライバルということなんですね。ちょっと複雑な業界事情がありそうですね。

それとも“SanDisk Eye-Fi”と“FlashAir”、中身は同じってこと無いっすよねw

 東芝は10月20日、米SanDiskと共同出資するNAND型フラッシュメモリ生産設備の一部を買い取ることで基本合意したと発表した。SanDiskに対し韓国Samsung Electronicsが9月に買収を提案しており、東芝が設備買い取りで対策に動いた形だ。

Via : 東芝、SanDiskからNANDフラッシュ生産設備一部買収で合意 – ITmedia News


スポンサードリンク

アマゾン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です