NASAが発表した GFAJ-1 ヒ素をDNA構成に使うすごいバクテリアだったんですね(動画)

スポンサードリンク

とうとう宇宙人発表か?ということで盛り上がったNASAの記者会見ですが、ある意味期待ハズレ、米・カリフォルニア州にあるモノ湖で発見したバクテリアだったんですね。

地球上に存在する他のどの生命体とも違い、このバクテリアはヒ素使ってDNA、RNA、タンパク質、細胞膜まで作ることができます。ま、宇宙人のインパクトには欠けますが、常識を根底から覆す大発見なのですよ。

こちらがNASA発表の動画

このバクテリア、これまでの生物の定義を根底から覆すものだったそうで、ヒ素で構成されいるんだそうです。

炭素、水素、窒素、酸素、リン、硫黄という6つの元素は、地球上のすべての生物を構成する基本元素だ。そのなかでリンは、DNAやRNAなど核酸のらせん構造の骨格を成す物質の1つで、生命にとって必須物質と考えられている。また、細胞でエネルギーを運ぶ役割を果たす分子(アデノシン三リン酸)や細胞膜をつくるリン脂質の構成物質でもある。

一方、ヒ素は化学的にリンに似ており、リン酸塩と同じようにふるまって代謝経路に混乱をきたすため、地球上のほとんどの生物にとって猛毒である。

ヒ素が多くの生物で猛毒なのは、リンと似ているからで、元素周期表では同じ第15族元素なんですね(うけうり)

詳しくはこちらで確認してください


元素周期 萌えて覚える化学の基本

ああ、パロディムービーも・・・w

関連ニュース:

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/12/03/016/index.html

米航空宇宙局(NASA)の研究者らが、生物の主要6元素(炭素、水素、窒素、酸素、リン、硫黄)の1つであるリンの代わりに、砒素を使って細胞を増殖させることに成功した。これまでの生物学の常識を覆す発見だ。


NASAが開発した最新スペース暖シート2枚組みポカポカ ダブルサイズ

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です