来年こそヴァージンとさよなら

スポンサードリンク

今年のF1開幕する時、誰がブラウンGPのチャンピオンを予測出来たでしょうか?

そんな窮地を救ったスポンサーが、Virgin、そのリチャードブランソン氏の賭けは見事大的中しちゃいました。

でも来年はその関係は解消されるそうです。

イギリス有数のコングロマリット、ヴァージングループのオーナーであるリチャード・ブランソンはスポンサーを務めているブラウンGPの関係は今年で終わるということを明らかにした。ヴァージンは開幕戦のオーストラリアGPからブラウンのスポンサーをしていた。タイトルを獲得し、ブラウンとスポンサーの延長について話し合いをしていたが、更新しない理由としてスポンサー料がさらに高額になったことを挙げた。

とにかく2009年のチャンピオンマシンとして、永遠に記録に残るマシンには、Virginのロゴが付くことになりますから、ブランソン氏の投資もかなり有効だったのでは無いでしょうか?

そして、来年Virginは新規参戦のマノーGPをサポートすることになります。

仮に、これも誰も予測する人は居ないと思いますが、マノーGPがチャンピオンになることになれば、Virginのロゴは、モータースポーツ界のお守りになるかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾン