クライスラー破綻がニュルブルクリンクラップタイム記録を更新する可能性

スポンサードリンク

今ニュルブルクリンクを最も速く走れる市販車、それは、ポルシェ・カレラGTでも無く、日産GT-Rでも無く、シボレー・コルベットでも無く、クライスラーのダッジ・バイパーなのです。

しかし、サブプライム問題を発端とするアメリカ自動車市場の縮小により、そのクライスラーが破綻。
そんあアメリカの宝物、ダッジ・バイパーはどうなるのでしょうか?

その答えはこちら
Devon GTX (デヴォンGTX)はクライスラー・ダッチ・バイパーをベースにした、アメリカンマッスルスポーツなのです

Devon GTX Front

その、製造元のデヴォン社はレーシングカーの製作などで知られメーカーですが、クライスラーに対し、ダッジ・バイパーのライセンス譲渡の打診をしているとか・・・

米国に本拠を置くデヴォンモーターワークス社は、『デヴォンGTX』の3Dレンダリングを公開した。同車は8月、ペブルビーチで正式発表されるが、7月にはドイツ・ニュルブルクリンクでタイムアタックを行い、市販車最速記録更新を目標に掲げている。

もし実現すれば、ダッジ・バイパーがアメリカ製の最強のスポーツカーとして進化し続け、再びニュルブルクリンクえタイムアタックを行い、更に伝説を作ることになる筈です。

ちなみに、ビッグ3のもう一つ、GMはハマーというこちらもアメリカの象徴のようなブランドを中国系の企業に買収するそうです
中国製のハマー・・・いったいどんな中国表記になるのでしょうか? 浜亞 ?;;;^^)

私は、けっこうアメ車好きなんですが、アメリカでしか作れない、マッスルカーとしてのスポーツカーの文化が、今後、少しでも長く続くことを望みます。

ということで、そんな期待のデヴォンGTXの写真をご堪能ください

こちらがダッジバイパーがユブルクリンク7分22秒のラップレコードを叩き出した時の動画

スポンサードリンク

アマゾン