SONY α230、α330、α380と50mm、30mm新レンズも!

スポンサードリンク

SONYのαシリーズのエントリ機3機種が一気にモデルチェンジするようです。

また、APS専用と思われる新単焦点レンズ2本も同時に発表するようです。

新αシリーズ3機種の共通する改良ポイントは、小型、軽量、そして、カンタン。
画素数は、それぞれの前モデルとなるα200、α300、α380と同じです。

これまで、ソニーα200、α330、α350は、他社のエントリタイプデジタル一眼レフカメラより若干大柄でした。
レンズも、18-70ということで、他社が18-55というのを標準とする中、より望遠にも対応するのですが、その代わり少し大きくトータルとして立派な外観になっていました。

新シリーズは結果として、ボディとレンズの刷新により他社と遜色の無いコンパクトさを実現していると思われます。

また、ボディの小型化に貢献した要素として、これまで、コンパクトフラッシュとメモリースティックのデュアルスロットだったのに対し、α230、α330、α380ではとうとうCFからSD/SDHCに変更してきました。

そして、新レンズ2本も発表しました。

まず50mmF1.8で、$150という、低価格と高画質を両立したレンズ。
そして、30mmF2.8というマクロレンズです。

どちらも、APS専用レンズと思われますので、小型軽量の単焦点レンズとして、キットズームレンズと組み合わせて、APS専用の小型軽量、しかも、コストパフォーマンス抜群のシステムを組むことができそうですね!!

ネタ元はこちら:

SONYが噂通り、新デジタル一眼レフカメラα230、α330、α380を正式発表することになるそうです。
発表日は5月18

スポンサードリンク

アマゾン