これはMVNOなのか?ソフトバンクがイーモバイルネットでデータ通信

スポンサードリンク

ソフトバンクがイーモバイルの回線を使ってMVNOにてデータ通信サービスを開始するというニュースは業界に波紋を投げかけました。

ソフトバンク自身が電話回線の整備を怠ることなのは無いか?という指摘です。

がしかし、それにもめげすソフトバンクはイーモバイルの回線を使えるデータ端末を発表しました。

新発売のUSBスティック型通信端末「C01LC」を購入すると、何と、ソフトバンクとイーモバイルのSIMカードを2枚もらえるそうです。
ユーザはそのSIMカードを差し替えて、上限定額制かつイーモバイルの回線と、従量制でソフトバンクの回線を選択することにするようです。

ということで、SIMカード2枚ってことは電話番号2つ与えられる筈で、これって、MVNOっていうか、同時2社契約で、使用するのは半SIMフリー端末ってことなのでないの?(^^;;;

ユーザのメリットとしては2社別に契約すると、それぞれ端末代金が掛かるのを1端末だけに節約出来るってことなのでしょうかね?(そもそも2社契約。。。。ごにょごにょ(ry。。。。  )

で結局イーモバイルの従量制契約より若干高くなっている分が、ソフトバンクにキックバックされるという仕組みなのでしょうか?(^^;;;
もしそうなら、100円PCに続いてイーモバイルは再びマジックな販売方法を考えたのかもしれませんね。

でユーザの方が気をつけるべきなのは、くれぐれもソフトバンクのSIMカードを挿しっぱなしにしないことですね(^^;;;
たとえば地方でイーモバ圏外の場合、ソフトバンク側SIMカードを使ったら、戻すの忘れていたら、さぁ大変!っていうことですよ。
2枚SIMカードがもらえてお得な契約なワケですが、注意してくださいね!(^^;;;

関連記事:

ソフトバンクモバイルは2月26日、PC向けデータ通信の2段階定額制「データ定額ボーナスパック」を3月6日から始めると発表した。新発売のUSBスティック型通信端末「C01LC」専用。

ソフトバンクモバイルは3月6日、2段階定額制のPC向け高速モバイルデータ通信サービス「データ定額ボーナスパック」の提供を開始する。下り最大7.2Mbpsの高速データ通信が利用可能だ。また、専用端末として、USB型データ通信専用端末「SoftBank C01LC」の販売も開始する。

スポンサードリンク