GT-Rなトランスフォーマーとドラゴンボールなフィギュア

スポンサードリンク

トランスフォーマー25周年で、日産GT-Rがトランスフォーマーに採用されたそうです(^^;;;

一方、こちらは、最近何かと話題になっている、実写版ドラゴンボールですが、フィギュアも発売されるようです。。。。。

アニメ→フィギュアで満足出来ない方向けなんでしょうか?アニメ→実写版→フィギュアってのもナニなもんですね?;;;^^)

ちなみに、こちらが制作費100億円もかけた実写版ドラゴンボールが炎上っていう話題・・・

3月13日(金)に公開が予定されている実写映画「DRAGONBALL EVOLUTION」の公式ページに、原作者の鳥山明のコメントが掲載されていることが明らかになりました。

吹き替え声優がアニメ版から一新されるなど、映画オリジナルの要素が多い同作ですが、原作者はどう考えているのでしょうか。鑑賞する時の参考になるかもしれません。

ところが、これまでの情報と同じく予告編についても、「ニコニコ動画」や「2ちゃんねる」を中心に「なんだろう…悲しくなってきた」
「すごいB級臭」「100億円無駄遣い」「鳥山がこの映画知らないことだけを祈る」
と散々なコメントが飛び交った。

真のドラゴンボールファンな方、いかがなもんでしょうかね?(^^;;;
更にそんな映画なんですが日本より韓国の方が早く上映されるってさ・・・・

公開時期はアメリカやスペインが4月8日、フランスが4月1日、イギリスが4月3日となっていて、日本はそれらに先がけて3月13日(金)から全世界最速公開というのがうたい文句でしたが、朝鮮日報などで韓国で最速公開されるとの報道が行われました。これが本当なのか、20世紀フォックス映画に問い合わせてみました。

日本人の若者は意外と映画好きなんですから、せめて原作の国であるわが国で一番に上映してあげてください。

世界中の映画ファンが注目するアカデミー賞の授賞式が2月22日に行われるが、日本人はどのような映画を好んでいるのだろうか。

スポンサードリンク