アップルCEO・ジョブズ氏休養波紋へ

スポンサードリンク

Apple のJobs氏が長期休養宣言を受けて、株価が下落傾向にあったようですが、結局時間外取引で10%以上も一気に下落した模様です。

Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏が6月まで療養休暇を取るという報道を受け、同社の株価は米国時間1月14日の時間外取引で10.8%も下落した。

ジョブズ氏は当初の1ケ月の休養前、健康状態の開示を約束していましたが、折りしも今回はそれが徹底されていない結果となりました。
その結果、Apple社のコーポレート・ガバナンスが問われることに発展しています。

スティーブ・ジョブズ氏が療養休暇を取るという発表を受けて、米Appleとジョブズ氏の開示が徹底されているかどうかについて、コーポレートガバナンスの点から新たに注目が集まっている。

NYタイムズは、診断に変化が生じたのはMacworld基調講演の後、つまり1週間ちょっと前ではないか、あるいは引退発表は先の書簡発表とつじつまが合うよう、入念にタイミングを計ったのではないか

確かに、MacWorld前のジョブズ氏の宣言時、いやそれ以前から彼の姿が公になっていません。
これはどういうことなのでしょうか?
よほどジョブズ氏に何かが起こっていると言って良いのでしょうか?

であるならば、なおさら回復を祈るしかありませんね。。。。

ジョブズ氏がいない間彼らがAppleを守ってくれることでしょう。

Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏が病気療養のために休暇を取ることで、再び同社の他の幹部、特に最高執行責任者(COO)のTim Cook氏と、最高財務責任者(CFO)のPeter Oppenheimer氏、マーケティング担当シニアバイスプレジデントのPhil Schiller氏らが脚光を浴びている。

スポンサードリンク

アマゾン