アロンソの2009年

スポンサードリンク

フェラーリと相思相愛ということが公然の事実?なアロンソですが、2009年そのコンビは実現するのでしょうか?

スペインの『Diario AS(ディアリオAS)』紙は、2007年にタイトルを獲得したにも関わらず昨年は失意のシーズンを送ったキミ・ライコネンに代わって、2009年に27歳のアロンソを迎える準備をフェラーリが整えたと報じていた。

フェルナンド・アロンソが、現在所属しているルノーへの忠誠を覆し、すぐにフェラーリへ移籍する可能性を否定した。

どうやら、アロンソはブリアトーレへの恩に忠誠を尽くし、ルノーに留まることを決断したようです。

昨年のフェラーリでのライコネンの成績は、フェラーリ「がライコネンとの契約を見直したとしても、誰も文句を言わなかったことでしょう。アロンソにとっても千載一遇のチャンスだったのですが、アロンソは義理を通した訳です。

そして、そのチャンスは最も遅くて2011年ということでしょうか?

関係者はこうした経緯について肯定も否定もしていないが、同紙は「アロンソは忠誠を守り通した」と、評価している。
2011年、ほんとうにフェラーリ・チームとの密約が存在するのかどうか定かではない

長い春になりそうですね。

スポンサードリンク

アマゾン