Adobe Lightroomが5D mark IIやG1に対応

スポンサードリンク

私もお世話になっておりますAdobeのRAW現像ソフト、LightroomがCanon EOS 5D mark IIやPanasonic G1など最新のデジタルカメラに対応すると共に、新機能も搭載して発売されました。

アドビは16日、写真家向け画像ソフト「Photoshop Lightroom 2」の最新版を公開した。バージョン番号は2.2。

アドビ システムズは16日より、写真編集、管理ツール「Adobe Photoshop Lightroom 2」の日本語版に対応するアップデータ「Adobe Photoshop Lightroom 2.2」の提供を開始した。今回のアップデートにより、「キヤノン EOS 5D Mark II」や「パナソニック DMC-G1」など、新たに3社7機種のデジタルカメラで撮影されたRAWデータをサポートすることが可能になったという。

Adobe Lighitroomの良い点は、今回のアップデートのように、メジャーなデジタル一眼レフカメラのRAWファイルへの対応が素早いとこだと思います。
勿論各メーカー純正のRAW現像ソフトもありますが、Photoshopシリーズで定評のあるAdobeの製品ですから、RAW現像からPhotoshopへ連携してシームレスな作業を行えるのはLightroomのメリットだと思います。

今回、Lightroomが対応したデジタルカメラはこちら。。。。

・キヤノンEOS 5D Mark II
・キヤノンPowerShot G10
・パナソニックLUMIX DMC-G1
・パナソニックLUMIX DMC-LX3
・パナソニックLUMIX DMC-FX150
・パナソニックLUMIX DMC-FZ28
・ライカD-LUX 4

スポンサードリンク

アマゾン