2009年が最後のMacWorldはJobsは無しでminiに

スポンサードリンク

Appleは2009年1月を最後のMacWorldにすることを発表したようです。

世界中のMacファンのみならず、ギークな方々が楽しみにしていた1月のMacWorldですが、来年が最後の開催ということで、ちょっと行ってみたい気もしますね。。。。

先ほど(米国時間12/16)Appleは、1月のMacWorldイベントが、同社にとって最後となり、同イベントで大いに期待されている基調講演をSteve Jobsが行わないと発表した

Appleは米国時間12月16日午後、2009年1月のMacworldは、IDG World Expoが主催するイベントに参加する最後の機会となることを発表した。さらにAppleは、通常はJobs氏が行う基調演説を、マーケティング担当シニアバイスプレジデントのPhil Schiller氏が行うことになると明らかにした。

1月6日に行われる、Appleにとって最後のMacworld基調講演はワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長であるフィル・シラー氏が行うとされ、恒例となっていたスティーブ・ジョブズCEOの名前はない。

アップル独自の発表イベントが終了するわけではないものの、ひとつの時代の終わりあるいは変化を示すニュースです。なお、Macworldそのものを主催するIDGによれば、2010年のMacworldはアップル不参加のままおなじモスコーニセンターで実施される予定とのこと。

更に、そんなせっかくの最後MacWorldにはジョブズ氏の基調講演は無いそうで。。。。
少し寂しいイベントになるのかもしれませんね。。。。

ジョブス氏の健康問題という話もあるようですが、それよりも、ネタ切れと言った面が強いかもしれません。
これまでAppleはMacの製品の整理と、iPod、iPhoneなど世界中を変える製品を連発してきましたが、これ以上手を広げるのも企業としてどうかという面もあるかもしれません。

i冷蔵庫や、iCarなんてもう登場しないのでしょう(^^;;;

ということで、これまでAppleは拡大路線を続けてきましたが、そろそろ地固めと体力固めのフェーズに入っていくのかもしれませんね。。。。

一方、そんなMacWorldで、発表される製品の候補の1つがMac miniのようです。

 Wired.comの報道によると、Appleは、長い間実施されていなかった「Mac mini」のアップグレードを2009年1月のMacworld開催期間中に発表するという。

個人的に、次買いたいMacはMac miniです。
既にMac bookの処理能力で、ほぼやりたいことが出来るのですが、はやりディスプレイはより大きい方が、例えば写真の編集などでは便利ですし、本体安ければ、2年おきに買い換えたいですからディスプレイが別の方が便利です。

勿論家庭ではMacBookもリビングPCとして活躍しているのですが、WebやYouTUbeくらいです。

モバイルはEeePC(^^;;ということで、落ち着いて写真編集が楽しめるマシンとしてMac miniがより高性能になれば、将来最有力候補です。。。。

ただ、今のMac G5でもそれほど処理能力に不便は無いですから、しばらくは必要無さそうですんが・・・・

最後のMacWorldには、高性能で安価で、小さくって、ディスプレイ性能も少し向上しているMac miniの登場を期待しています。

スポンサードリンク

アマゾン