Caonn EOS 5D Mark IIの実写記事

スポンサードリンク

実写速報いつもありがとうございますImpress様が、11月末発売で皆さんお待ちかねのフルサイズデジタル一眼レフCanon EOS 5D markIIの実写速報記事をアップされています。


高感度性能は流石フルサイズデジタル一眼レフだけありますね。
ISO3200常用も大げさな話では無いです。

1200万画素に押さえたフルサイズNikon D3やD700にまったくひけをとらない高感度性能で、2400万画素を実現している5D markIIは現在最強のデジタル一眼レフと言って良いかもしれません。

 ちなみに、こちらが前代5Dが発売された時の記事。。。。

キヤノンのデジタル一眼レフ「EOS 5D」(β機)の、山田久美夫氏による定点観測の実写画像をお届けする。なお、このほかの作例とファーストインプレッションを後日掲載する。

EOS 5Dは35mm判フルサイズ(35.8×23.9mm)で1,280万画素のCMOSセンサー、2.5型液晶モニターを搭載するデジタル一眼レフ。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は40万円弱程度と、従来のフルサイズ撮像素子搭載機から比べて大幅に価格が下げられている。

そしてこちらが、ライバルであるNikon D700の実写記事。。。。

フルサイズセンサー採用のデジタル一眼レフカメラ

こちらもフルサイズ2000万画素以上のガチンコライバルSONY α900の実写記事です

2,460万画素の35mmフルサイズ一眼レフカメラ

α900は、有効2,460万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラ。発売は10月23日。価格はオープンプライス。店頭予想価格はボディのみで33万円前後の見込み。

いかがでしょうか?

一昔前まで100万円に近い価格、それ以上の画質が30万円で以下で得られるのは凄い時代になったものです。

もうどれを買っても不満、、、、なんて言えないですよね!(^^;;;

ただ、フルサイズはレンズを選ぶようですから、安くなったとはいえシステムで揃えるにはかなりの投資が必要なことは事実ですね

スポンサードリンク

アマゾン