CarlZeiss ZEマウントはやはりCanon EFマウント対応だった

スポンサードリンク

a title=”Welcome to Carl Zeiss Camera and Cine Lenses” href=”http://www.zeiss.com/photo” target=”_blank”>CarlZeiss本家サイトでZE? というティザー広告が張られ、本日15日公開ということでしたが、現地時間では明日なのです。
1日も待てないキヤノンユーザの方、ドイツのカメラサイトに事前にその情報がアップされていますのでまずはこれでご確認ください。

記事によれば、何と待望の電子接点も採用され、全ての撮影モードに対応しレンズ情報がExifにちゃんと記録されるそうです。
全ての撮影モードに対応するということは、絞りのコントロールはカメラ側からすることのなるでしょうかね?

とにかくExifにレンズ情報が書き込まれるだけでも他のマウントに比べて抜群に便利になりそうですね!

また、21mmの新レンズも気になるとこですね、ZEマウント他、ZF(Nikon)、ZK(ペンタックスK)、も同時リリースです。
ちなみにCONTAX CarlZeissの21mmレンズは世界中でプレミアム価格中です。究極の21mmレンズとして、デジタルのAPS時代では使えるレンズとして更にプレミアムが増大していました。コシナから21mmがリリースされたということで、中古レンズ相場にも変化があるかもしれません、中古ファンとしてはラッキーかもしれませんね。

価格はちょっと高くなりそうですが、もうすぐ発表されるキヤノンのフルサイズEOS 5Dの後継、EOS 5D mark II?と組み合わせると抜群の画質を得ることが出来そうですね、、、キヤノンのLレンズもそれなりのお値段のようですし、、、

スポンサードリンク

アマゾン