リコー「GX200」詳細レビュー記事

スポンサードリンク

RICOH GX200はGX100を地道に改良しただけでは無く、この記事を読む限りでは画質もかなり手を入れられているようです。

広角の強さを強みにするリコーのコンパクトデジカメの中でも、最も広い24mm相当の画角をカバーする「Caplio GX100」(以下、GX100)の後継機として、「GX200」が登場した。先に発売された「R8」と同じく「Caplio」のブランドネームが消え、レンズ上部にあったロゴも「Caplio」から「RICOH」に変更されているが、大きくデザインが変わったわけではない。これまでのリコーのデジタルカメラで進化した部分を取り入れつつ、新しい機能を搭載したのだ。

レビューを要約して引用させていただくと、、、

・メーカー発表ではダイナミックレンジやS/N比はGX100と同等
・GRD2と比べて発色の傾向や精細感はそれほど大きな変化はない
・GRD2と2台を併用したとしても大きな優劣は無い
・最低感度のISO64でもノイズっぽさを感じるが、写真的な雰囲気が出ている
・高感度撮影の画質はISO400ぐらいまでなら許容範囲
・逆光撮影時に発生しやすいゴーストを抑制している
・画像を見るとかなりシャープに描写されるようになった
・望遠側では締まりのない画像がかなり改善された
・階調は適度に保たれている
・パソコン上はもちろん、プリントしても気持ちのいい画質

ということで、サンプルの作例を見ても、かなり写真的に素晴らしい画像を生み出してくれるデジタルカメラだと思われます。
一気に欲しくなりました;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾン