2008年栄光のモナコGPを制した最強ドライバーはっ?そしてもっと嬉しいのはっ!

スポンサードリンク

今年もモナコGPが終了いたしました。
やはり雨が降りなかなか波乱の戦いだったようです。
さて、勝利したのは、3戦連続ポールtoウィンを狙うフェラーリのマッサだったのかっ?

結局レースは2時間ルールが適用されて当初予定の78周から76周に短縮されて終了。
トップでチェッカーフラッグを受けたのはマクラーレンのハミルトン。

マクラーレンのハミルトン、モナコで来ました!
ひさしぶりに勝てた!?という感じですが、今年も表彰台の常連。
いつ勝ってもおかしくない状況で、モナコで勝利するとは決めるときは決めちゃってます。

それよりも日本人にとって素晴らしい結果が、ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴さん、初めてのモナコ、勿論ルーキーでなんと7位フィニッシュでポイント獲得しちゃいました。
雨の中嶋(^^;;納豆走法?いや、14位から7位のジャンプアップというのは納豆だけでは達成できることではありません。
この状況で完走出来るだけでも、ルーキーとして誉められるべきだというのに、僚友の天才ニコがリタイアする中、基調なポイントまでゲットするなんて、120%以上の結果でしょう!
600戦目記念のフランクウィリアムズさんも嬉しい!?(^^;;

スーパーアグリと佐藤琢磨さんがいないモナコですが、明るい話題をありがとう!中嶋さん!!

スポンサードリンク