Panasonicが広角25mmズームレンズ搭載の「LUMIX DMC-FX35」!

スポンサードリンク

パナソニックが春モデル発表〜!
注目は広角なリコーもちょっとビビっちゃう(^^;;の広角25mmレンズを搭載した、コンパクトデジカメ「LUMIX DMC-FX35」

パナソニックは、薄型コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FX35」を2月22日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万3,000円前後の見込み。本体色はプレシャスシルバー、グロスゴールド、カクテルピンク、シェルホワイト、エクストラブラックを用意する。

松下は1月30日、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX」シリーズとして、広角25mmレンズやトリプルブレ補正機能搭載モデルなどを含む4機種を、2月9日より順次発売すると発表した。

「LUMIX DMC-FX35」は広角28mmから始まる「LUMIX DMC-FX33」の後継モデルということですが、広角25mmなったのは、CCDが1/2.5型型810万画素CCDから1/2.33型有効1,010万に若干大きいサイズになったことにより、画角も拡大しているのに加え、ライカズームレンズのズーム比率も大きくなっているようです。
ちなみにレンズの仕様は、、、

DMC-FX35
f=4.4?17.6mm(35mm判換算 25?100mm相当)F2.8?F5.6

DMC-FX33
f=4.6?16.4mm(35mm判換算 28?100mm相当)F2.8?F5.6

ということで、現在市販されている中で28mmを超える広角のコンパクトデジカメはリコーGX100の換算24mmだったのですが、ライバルの出現でユーザの方は迷っちゃうかもしれませんね。

最も、GX100の方は、CCDも少し大きいですし、ワイドコンバーターも装着出来、RAW撮影も出来るなどマニア向けと思われますが、、、
パナソニックがんばってます!(^^;;;

スポンサードリンク

アマゾン