F1中国GPはやっぱりそうだよね、、、

スポンサードリンク

ポールポジションを獲得し誰もがハミルトンのチャンピオン確定なムードのF1中国GP。
決勝が終わりましたが、、、

その結果はやはり大ドラマが待っていましたっ!
ハミルトンはドタバタ&ミスでリタイア、、、、代わりにフェラーリのライコネンが優勝。
アロンソは2位!

最後はドライ・コンディションのままチェッカーフラッグ。
優勝したのはフェラーリのライコネンで今季5勝目、自身通算13勝目。
2位にアロンソが入り、ランキング首位のハミルトンと共にこの3人が最終戦にタイトル獲得の望みをつないだ。

このレースでタイトル獲得の可能性もあったマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンは、まさかのリタイアに終わり、チャンピオン決定は最終戦ブラジルGPに持ち越されることとなった。

ドライバーズチャンピオンシップは、リタイアのハミルトンが107ポイントのまま、2位のアロンソは103ポイント、優勝のライコネンは100ポイントとなり、ワールドチャンピオン決定は最終戦のブラジルGPに持ち越された。

決戦は最終戦ブラジル、3人にタイトルの可能性があるGPに、以前ハミルトン有利ですがこの2戦のドラマを考えると何が起こるか判りません〜こりゃ盛り上がりますね〜
F1興行的にもビッグな出来事ですね;;;^^)

で、中国GPの結果はこちら

F1 第16戦中国GP -RIJ- (2007-10-07) Provisional Race-Results
2007 FIA F1 World Championship Rd.16 上海サーキット(CHN):5.451km

1位 K.ライコネン(フェラーリ)
2位 F.アロンソ(マクラーレン)
3位 F.マッサ(フェラーリ)
4位 S.ベッテル(トロロッソ)
5位 J.バトン(ホンダ)
6位 V.リウッツィ(トロロッソ)
7位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
8位 D.クルサード(レッドブル)
9位 H.コバライネン(ルノー)
10位 M.ウェーバー(レッドブル)
11位 G.フィジケラ(ルノー)
12位 A.ブルツ(ウイリアムズ)
13位 J.トゥルーリ(トヨタ)
14位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
15位 R.バリチェロ(ホンダ)
16位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
17位 山本左近(スパイカー)
R R.クビカ(BMWザウバー)
R L.ハミルトン(マクラーレン)
R R.シューマッハー(トヨタ)
R A.スーティル(スパイカー)
R A.デイビッドソン(スーパーアグリ)

注目は、富士スピードウェイで痛恨のツッコミを見せたヴィッテルが4位と素晴らしい成績!BMWも認めていた彼、トロロッソでこのポジションが走れる実力はホンモノですね。
でリウゥツィも6位とポイント獲得、どうしたんだトロロッソ!;;;^^)

ホンダのバトンは5位とまずまずで、ポイントも追加しよかったね。
佐藤琢磨さん粘って感想おめでとう。

スポンサードリンク

アマゾン


2 thoughts on “F1中国GPはやっぱりそうだよね、、、

Comments are closed.