F1金の卵はどなた?

スポンサードリンク

スゴイ新人はハミルトンだけじゃないぞっと、元スゴイ新人だったエマーソンフィッティバルディ氏

FMotorsports F1: フィティパルディ氏、「ピケJr.はハミルトンに匹敵」

そして、勿論ハミルトン、ピケjr以降も、様々な人が続々と金脈を掘り当てること続いているようです。

FMotorsports F1: ウィリ・ウェバー氏の『金の卵』、輝く

ということで、今回マクラーレンは大粒ダイヤモンドを掘り当ててたみたいなもんなんでしょうか?

偶然にに昨日のフジテレビスポルトでサッカー選手の青田買いの話やっていました。
アルゼンチンにはサッカーの金の卵を育てて、売ることに専念しているクラブチームが、そしてヨーロッパの一流チームは、それにより高騰する金の卵のお値段を節約する為に、自己チームでの育成プロプログラムを強化しているようです。

また、テニスでも育成?プロモーションまでやるエージェントが存在するのもご存知の通り、、、

どこのスポーツ界も同じなんですね?
F1は10歳くらいが勝負!ってことになるかもしれません。

スポンサードリンク