地味な(^^;;;キラーデジ一登場!K100D

スポンサードリンク

なんと、Pentaxから、ボディ内手ぶれ補正を搭載した、デジタル一眼レフK100Dが発表されました!

pentax101s.jpeg

ペンタックス、ボディ内手ブレ補正搭載一眼レフ「K100D」

ITmedia D LifeStyle:ペンタックス、実売7万円台の手ブレ補正付きデジ一眼「PENTAX K100D」

ペンタックスの手ぶれ補正付きデジタル一眼レフ「K100D」を写真でチェック! / デジタルARENA

これまで、ボディ内手ぶれ補正といえば、今は無きコニカミノルタのαシリーズの専売特許?でしたが、ペンタックスもやってくれました!
コニミノのα-Sweetの在庫も無くなり、ソニー移行製品の発売に先駆けるという絶妙な発売タイミングですね!!

更に、*istシリーズ同様に唯一?単三電池が使えるという心配り!!
しかも、ボディで7万円台、レンズセットで9万円台!のっけから安いっ!!

そして、ペンタックスのデジタル一眼はM42マウントという歴史的な資産である他社レンズも装着することが出来ます。

コニミノの場合は、自社であれば過去のマニュアルフォーカスレンズが装着できますが、電気接点を持たない為、ご自慢の手ぶれ補正が動作しませんでした。

対して、このペンタックスのK100Dは、焦点距離を手動で入力することで、それを解決しています。
結果、過去数十年前から世の中に出ているM42のマニュアルフォーカスレンズが、手ぶれ補正で使用可能!ということになります!パチパチ!!
更に、細かいとこでは、1/4000というシャッタースピード。
マニュアルレンズを出来るだけ開放で用いる為には出来るだけ速いシャッタースピードが必要ですので、もうこれは最強のレンズ遊びカメラですね!!

しかも、小型、軽量、、、全てが揃った、究極のアマチュア向けカメラですね!!

ただ、前機種を継承したデザインは、中身が画期的なだけに、もうちょっと、、、かもしれませんが、そんなことは関係ない!?(^^;;;

それと、何で*istブランド捨てたのでしょうか?
正規表現の*が付いていると、検索キーワードとして不利だからでしょうか?(^^;;;

スポンサードリンク