米国のサイトが福島原発からの放射性物質の飛散経路を予測

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

福島から流れた場合、ほぼ太平洋上に飛散され、ハワイや米国には到達し難いそうです。

福島原発からの放射能放出は数カ月続く | WIRED VISION

『ウエザー・アンダーグラウンド』のJeff Masters氏は、米国国立海洋大気圏局が開発した、誰でも利用できる大気汚染物質のモデリング・システムを使って、放射性煙流[plume]の広がりを示すモデルを作成した。

米国原子力規制委員会も同様の報告だそうです。

日本国内ではなかなか真実が公開されないようですが、米国では官民がかなり今回の事故をかなり分析されているようですね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください