iPadが支えていた女子バレーボール世界選手権メダル獲得の快挙

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

フジテレビのスポルトなどでも紹介されていましたが、女子バレー全日本チームの眞鍋政義監督が試合中iPadを見ながら選手に指示を出してました。
iPadユーザとしては、いったいどのようなアプリで戦略を立てているのか?非常に気になっていたのですが、このアプリの開発に関する記事がITmediaに掲載されています。



眞鍋監督が使っているのはVolley Padというアプリ、たった三か月で開発したとのことですね。

もちろんバックのサーバーアプリは既に存在していたということですが、それにしてもこの開発期間で日本のバレー大躍進の原動力になったのですから完成度もすごいのでしょう。

iPadのアプリの開発はスピードも重要ということですね。

全日本バレーボール 2011年 カレンダー

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください