東京スカイツリー現場に行ってみた

スポンサードリンク

あけましておめでとうございます!ルーム246今年最初のレポートです。
TOKYO SKY TREE 見に行って来ました。


立派なタワーと言える迫力で君臨し始めています。

もうかなりの迫力の立派な建造物に。
東京タワーは鉄骨って感じですが、東京スカイツリーはぶっとい鉄パイプで組まれていますね。

そしてちょっと捩れが入っています。(上の写真で判るかな?)
これはデザインであり、決してピサの斜塔のように予定外ってことは無いようですw

今日は三連休の中日ということもあり、見物にやって来る人も多かったようです。

天気も良く、携帯カメラから三脚&一眼レフまで、正にフォトジェニックな一日でした。私もiPhoneとGRD2、そしてE-300でパチリ。
一応TOKYO SKY TREE の場所はこちらね

東京スカイツリーの建設現場は、押上駅の南側なんですが、お勧めは駅の北川です。
ゲンバは押上駅の南側なんです
流石にこちら北川は、見物な方も殆どいらっしゃいません。

たぶんこんな寂れた景色も開業する2012年までには再開発などで、大きく変貌すると思われます。
ただいま工事中〜( ↓スカイツリーと関係ないけどw)

本日時点で高さは250mを超えていました。

ツリーの高さは、634mになるそうです。
現在の2.5倍になるわけですか
東京タワーの2倍弱。

中東の巨大ビルディング、ブルジェドバイは800m超のようですが、どちらにしても凄い建築技術と言う他ありません。
新東京タワーとか、墨田タワーとか呼ばれていましたが、東京スカイツリー(TOKYO SKY TREE)の名前が決まった時は、異論反論オブジェクション状態でしたね。

慣れてきたせいもあると思いますが、実際建築現場見てみるとその名前に違和感は感じませんでした。

たぶん2010年のクリスマスには世界一のクリスマスツリーになることだと思います。

東京スカイツリー公式ページ : http://www.tokyo-skytree.jp/
関連ニュース記事:

東京都墨田区に建設中の東京スカイツリー(11年12月完成予定)では正月三が日、多くの”ツリー詣で”客でにぎわった。昨年末に高さ254メートルに達し、港区ミッドタウン・タワー(248メートル)を超え、都内の建造物では「本家」東京タワー(333メートル)に次ぐ2番目の高さに。自立式電波塔として世界一の高さ634メートルへ順調に成長中で、地元押上・業平橋地区にはツーリストならぬツリーストが続々と訪れ始めている。

建設中の東京スカイツリー(東京都墨田区)がぐんぐん伸び、高さ250メートルを超えている。

ツリーの約1キロ北の東京都墨田区東向島でバー「Bee」を営む山田隆之さん(43)の元には毎夜、街の声が集まっている。「タワー建設前、上空に向けた光でタワーを表現する試みがありました。ここで飲んでいる仲間で出たアイデアです」

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト