変わらない魅力RICOH GR DIGITAL III 発表 新レンズF1.9で勝負!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

リコーからGR DIGITAL III 発売されましたね?
と、私もGRD2ユーザですからGRD3の出現はかなり気になるところではあります。

まずニュースリリース

こちらGR BLOG様の発表エントリ

デジタルカメラ「GR DIGITALII(ジーアール・デジタル・ツー)」の後継機として、さらなる高画質化を実現した「GR DIGITAL III(ジーアール・デジタル・スリー)」を開発し、新発売いたします。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/07/27/038/index.html

ブログ記事的には出遅れ間がありますが、そのぶんこれまでの記事を纏めてチェック!

価格は、8万円前後ということです。
GRD1やGRD2も確か8万円前後で発表されました。

モデルチェンジする毎に時代に合わせて価格も下げてくるカメラもありますが、GR DIGITALとしては世代は変わっても高級コンパクトというステータスにふさわしいカメラとは何かを常に提案しているに違いありません。

リコーは、焦点距離28mm相当でF1.9の大口径レンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL III」を8月5日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は8万円前後の見込み。

GR DIGITAL IIIでは、大口径(F1.9?9、f=0.6mm、35mm換算で28mm)の「”FAST”GR LENS」を新開発。大口径化に伴いレンズ構成を変更した(5群6枚→6群8枚)。後群に1群2枚のレンズを追加することで、コマ収差を大幅に低減したとい

リコーは2009年7月27日、コンパクトデジタルカメラの新機種「GR DIGITAL III」を発表した。レンズ、画像処理エンジン、CCDを新開発。シャッタースピードを短縮し、ノイズ処理性能などを向上した。8月5日に発売する。実勢価格は8万円前後の見込みだ。

GIZMODO Japanによれば、特に高感度性能が向上しているということです。
F1.9と明るいレンズ、そして、高感度性能の向上は、更にGR DIGITAL のスナップショットカメラとしての実力を高める為ということですね。

CCDは高感度に強くなっている模様。暗所でもきれいな写真が撮れるようになりますね。

従来モデルの F2.4 レンズから F1.9 レンズに大口径化されたことで、暗所での撮影においてより速いシャッタースピードの選択、同一シャッタースピードならより低い ISO 感度設定を選択できるようになった。

GRD3の最大の特徴は、初代GRDと、二代目GRD2と外観が殆ど変わらないということかもしれません。
これまでGR DIGITALを使っているユーザ、そして、これからGRD3を使うユーザにとっては、変わらないということこそ、最大の魅力なのかもしれません。

GR DIGITAL IIIは、2007年11月に発売した「GR DIGITAL II」の後継機種となる。デザインを継承することをコンセプトとしているため、見た目はほとんど変わらない。

2007年11月に発売され、プロカメラマンやハイアマチュアを中心に人気を呼んだ高級コンパクトデジタルカメラ「リコー GR DIGITAL II」の後継機種。従来のコンセプトを継承し、レンズの大口径化や新たな画像エンジンなどの搭載でより美しい写真が楽しめるようになった。

しかし、当然中身に関しては2年間の間かなりの進化を実現しているようです。

今回、一番の変化があったのはレンズ。28mm単焦点はもちろんそのまま、F値が最高2.4から1.9と明るくなっています。画像エンジンには新規ノイズリダクション技術を備えたGR エンジンIIIを搭載。CCDは約1000万画素という点では同じですが、高感度タイプのものになっています。

こちらGR DIGITAL III発表会の模様

ニュースリリースも出ましたが、新製品「GR DIGITAL III」を発表しました!
今日の午後にリコー大森事業所のホールで発表会を行ない、私も会場に行ってきましたので速報をお届けします。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/07/27/gr3/index.html

29日、つまり明日からGRD3は銀座に行けば触ることが出来るようです。

リコーは27日、新製品「GR DIGITAL III」をRING CUBEで29日より先行展示すると発表した。RING CUBEは、リコーが東京・銀座で運営中のフォトギャラリー

リコーの公式サイトでは、こんな慌てた様子も(^^;;;

リコーのHPにGR DIGITAL IIIが発表!
何と、レンズ表記にF1.0がっ!!(^^;;

海外ではDPreviewも即座にニュースとして取り上げました

Ricoh has released the GR Digital III premium compact camera with a fast f1.9 28mm equivalent prime lens. Successor to the GR Digital II, it uses a new 10MP sensor with larger pixel pitch than its predecessor. It continues the Ricoh tradition of high resolution screens, becoming one of the first compact to offer a 920,000 dots VGA panel. A new imaging engine, in combination with the more sensitive sensor promises to improve high ISO performance. It also gains faster AF and a ‘full-press snap’ mode that jumps to a preset focus distance for fast street shooting. It can also shoot a burst of up to 5 RAW files in continuous or bracketing mode.

Ricoh have today announced the release of the GR Digital III camera. A successor model to the GR Digital II, The GR Digital III achieves a whole new level of image quality.

Having given its GR Digital II camera more than a year on the market, Ricoh has seen fit to now upgrade that model by latching on another digit and what it claims to be the “greatest ever GR image quality

海外でも、高級、高画質なデジタルカメラとして評価されているようで、特にドイツなどではGR DIGITALのデザインも含めた評価が高いようです。

で、既にGR DIGITAl IIIの予約は開始されているようで、注目の実売価格は7万1千円台の模様です

早速楽天でも予約開始されています。
まずは7万1千円台

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る