A&Vフェスタ2008ジサーク自慢大会:アンプ編

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

A&Vフェスタの催しものの1つがこれ、自作オーディオ自慢大会〜!!

オーディオへのこだわりと情熱が創り出す手作りオーディオ機器。それらは、趣味としてのオーディオシーンを支える大切な文化です。そこで、A&Vフェスタ2008では、手作りオーディオ機器の愛好家の皆様を対象にしたA&Vフェスタ2008「自作オーディオ自慢大会」を開催いたします。ひとつひとつの作品に注がれた制作者の想いを通して、オーディオの更なる魅力を伝えます。

“自作オーディオ”、最近あまり聞かなくなりましたが、ホビー好きな方なら気になるフレーズですね!!(^^;
会場はこちら。早速アンプの聞き比べ大会されていましたが、まぁ皆さんひたすら聞いている聞いてる、、、


ということで自作アンプと言えば、真空管アンプ。
こちらは、オーソドックスなどう見ても音の良さを感じさせますね。

こちらは、ちょっとユーモアもあり、アルミシャーシ。

ただ、ビールサーバーの容器、剛性もありそうですし、円形ということで、音的にも考えられているのでしょうか?
アンプと言えども、振動が少ない方が良い音になるというのが、定説のようで、、、
こちらは和風で、、、

ちょっと熱的に不安、、、(^^;;
前面に巨大なヒートシンクがあるということは、強烈な熱が発生するということでしょうか?その向こうの編み編みなカバーが難燃素材であることを祈ります。
ということで、自作アンプの世界。深そうですね〜
電気回路からご自分で設計され、部品を1つ1つ集め、自分の手で1つ1つ組み上げるなんて、これぞ”自作”の世界。んもう尊敬するしか無いですね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト
Pocket
LINEで送る