フェラーリF1もうお手上げ状態?

スポンサードリンク

現在F1ポイントランキングでブラウンGPがトップに躍り出ていることは、かなり興味あることですが、もうひとつの興味といえばフェラーリがノーポイントで最下位に沈んでいるということです・・・・

今期、水に弱いフェラーリ・・・・前回はKERSが雨でショート?(^^;した白煙を上げたフェラーリですが、中国GPではその弱点と思われたKERSを外しても電気系のトラブル発生ということで、その信頼性は相当イタリア品質に戻ったのかもしれません。

フェラーリは未だに暗く長いトンネルから抜け出すことができずにいる。中国GP決勝で、フェリペ・マッサは序盤にポジションを大幅に上げて表彰台を狙える位置にまで到達したが、電気系のトラブルによってエンジンが停止してしまい、レースをリタイアせざるを得なかった。キミ・ライコネンは序盤はエンジンがまわらないことを訴え、その後はグリップ不足に悩まされて10位でレースを終えた。これでチームは開幕から3戦連続のノーポイントとなった。

なんと、既にフェラーリはF60を諦め、来年のマシンの開発に着手するとの噂があるようです。

ヨーロッパラウンドがスタートするバルセロナでは、各チームが主要なアップデートを行うが、フェラーリのチーム代表ステファノ・ドメニカリは、その時点でまだ低迷しているようであれば、チームの焦点を2010年に向けるかもしれないと認めた。

ブラウンGPの今期の活躍はホンダが2009年マシンを先行して開発していたことに他ありませんが、フェラーリがもしそうするなら、来年噂されるアロンソの加入も含めて、ターゲットとしては正しいのかもしれません・・・・

っていうか、かわいそうなのは今期のドライバー2人。
特にマッサは昨年の来週ラップでチャンピオンを逃したワケですから、その決断は相当無念かもしれませんね。

今期崖っぷちの筈の元チャンピオン、キミ・ライコネンさんもさじを投げちゃいました。

フェラーリのキミ・ライコネンは、自分もチームメートのフェリペ・マッサも2009年世界タイトルに挑むことはできないだろうと語った。

一方のマッサは意外にもKERS頼みのようで・・・・

そんな中、フェラーリのマッサは、「KERSを使わないというのは僕にとってハンディキャップになるもの。
ましてや予選ではそれが顕著になる」と語る、珍しい(?)KERS擁護派。
チームの方針に納得できない表情をみせている

スポンサードリンク

アマゾン