スポンサードリング

ライカはアルファロメオ、ハッセルブラッドはフェラーリ

ドイツで開催されている、カメラ関連の展示会フォトキナで、Leica はM9 Titanというカメラを発表しました。
このM9 Titanのデザイナーは、そうです、我が156や147をデザインしたウォルター・デシルバ氏のデザインなのです。

総チタンの外装、そして、まるで車のホイールのようなレンズフードが流石カーデザイナーの作品という感じですね。

ウォルター・デシルバ氏は、アルファロメオの『156』や『147』を成功させたイタリア人デザイナーで、現在は、VWブランド全体のデザインディレクターを務めている。

おっと、デシルヴァ氏は現在、アウディのデザインチームを率いているとのことですから、アルファロメオとはそんなに関係無いかもしれませんね(^^;

21日、ライカは『ライカM9チタン』をドイツ・ケルンで開幕の「フォトキナ2010」に展示。M9チタンは、現在フォルクスワーゲングループのチーフデザイナー、ウォルター・デシルバ氏によるデザイン。日本では12月発売予定で、価格は238万円。

一方、同じくフォトキナで、ハッセルブラッドはフェラーリ限定モデルを出品。

こちらは、赤いボディに、黄色い跳ね馬マークという誰が見てもフェラーリということが解るモデルですね。

アルファロメオ、いや、アウディなライカと、フェラーリなハッセルブラッド。
皆さんはどちらが欲しくなりましたか?

どちらにしても、クルマが購入出来るお値段ですね!w

スポンサードリング 関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です