【FOTA】F1実は更に混乱を深めているしている【FIA】

スポンサードリンク

FIAより無事2010年のエントリリストが発表されたF1ですが、そのエントリリストの内容自体が再び問題を悪化させているようです

まず、エントリリストの中に、条件付きと無条件の2種類のエントリが存在すること、そして、その無条件エントリの中のフェラーリやレッドブルが、事実とはことなる発表をされていることに対して怒りを露にしているのです

そのレッドブルのスポークスマンはこれを受け、「われわれは他のFOTAメンバーと歩調を同一にしていて、2010年のエントリーは条件付きでのもの」と、わざわざ釈明している。

レッドブル・グループ同様、他のFOTAメンバーとは別に無条件で2010年のF1参戦が認められた形のフェラーリ・チームだが、「われわれはFOTAの一員であって、条件なしで参戦するつもりはない」と、即座に釈明を行っている。

そしてフェラーリのモンテゼーモロ社長は、FIAに対してF1が改善するか分裂するか?2者選択を突きつけています。

フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ社長は、F1の現在の論争の結末は、FIAが改善するか、自動車メーカーが独自の分裂シリーズを立ち上げるかの2つの可能性しかないと語る。

それら、FOTAの活動を、ヨーロッパの自動車連盟が支持する声明を出しました

ヨーロッパ地域の自動車メーカーの団体であるACEA(欧州自動車工業会)が、F1で起きている混乱について、F1チームの集まりであるFOTA側を支持する声明を発表した。

また、FOTAは今回の騒動が、F1のファンにとってかなりの迷惑を掛けていることを、謝罪する表明を出しました

F1の統治団体であるFIA(国際自動車連盟)との紛争は、最低でも1週間は長引くこととなったが、12日(金)にFIAと対立しているFOTA(フォーミュラ1・チームズ・アソシエーション)は「困惑し失望している」ファンに同情しているという。

ということで、ここにきて分裂を更に色濃く見せるある意味、エントリリストを受け付ける以前の状態より状況が悪くなっていると言えるかもしれません

F1の興行を一手に握るエクレストンにとっては、現在の状況は一番大切なファンを無視して進行している状態、F1から収益を上げている彼にとっては最悪と言えるかもしれません

バーニー・エクレストンは2010年のエントリーリストをめぐって、現在F1に参加している8チームのFOTA(フォーミュラ1・チームズ・アソシエーション)とF1の管理団体であるFIA(国際自動車連盟)の対立が激化していることに対して、冷静な対応を呼びかけている

そして、次のタイムリミットは19日と言われています
FOTAはそれに向けて、再度モータースポーツ評議会にこの問題を提出する予定もあるそうです

とりあえず2010年のエントリーは認められたものの、条件面で完全にFIAと対立したままのFOTA系チーム、19日(金)と言われる再度のデッドラインに向け、今週再び動きが急のようだ。

FIAとFOTAが話し合いでこの問題を解決出来なかった場合・・・・・
フェラーリが言うように、F1は分裂してしまうのでしょうか?

実際、アメリカの最高峰レースではそういう状態になりインディカーとチャンプカーに分かれていましたね

ということでF1は、F1とFerrariカー?に分裂する可能性がありな状態です

スポンサードリンク

アマゾン